第4の言葉

بِسْمِ اللّٰهِ الرَّحْمٰنِ الرَّحِيمِ

1 اَلصَّلاٰةُ عِمَادُ الدِّينِ

 礼拝がいかに貴重であり、重要であり、またいかに容易であり、わずかな対価で得られるものか、また礼拝をしない人はいかに無分別で損をしているのかを、2×2が4であることと同じくらい明確に理解したければ、次のたとえ話を聞いてください。

 ある時、有力な支配者が二人の召使いに24枚ずつの金貨を与え、二ヶ月かかるところにある、特別な、素晴らしい農場に住まわせる為に彼らを送りました。支配者は彼らに次のように命じました。「そのお金を旅行の費用としなさい。それから向こうで必要なものを買いなさい。ここから一日の距離に駅がある。車や船、列車や飛行機がある。その所持金によって、それに応じた乗り物に乗ることができるのだ」

 この二人の召使いは命令を受けた後、出発しました。その一人は幸運な人で、駅までの道のりでお金を少ししか使いませんでした。しかも彼はその支出したお金で、主人が喜ぶような素晴らしい取引をし、所持金が千倍にもなったのでした。もう一人の召使いは運が悪く、心がけもよくなかった為、駅に着くまでに23枚の金貨を使ってしまいました。賭博などにお金を出してしまい、失ってしまったのです。たった1枚の金だけが残りました。

 友人は彼に言いました。

「あなたのこのお金で切符を買いなさい。この長い道のりを歩いて行ったり、飢えに苦しんだりする羽目に陥らない為に。我々の主人は寛大だから、おそらくはあなたに慈悲をかけられ、あなたの過ちを許してくださるかもしれない。あなたをも飛行機に乗せてくれるでしょう。一日で目的地につくことができるでしょう。さもなければ一人で、二ヶ月もかかる砂漠を空腹のまま歩いていかなければいけなくなる」

 もしこの人が意地を張ってこの忠告にも関らず、この最後のお金で、宝庫の鍵を意味するこのチケットを買わず、はかない享楽の為にそれを費やせば、この上なく無分別で、また損害を受け、不幸であることは誰でも理解できるでしょう。

そう、礼拝をしない人よ!そして礼拝に満足しない我が自己よ!

この支配者は私たちのラッブであり、ハールクなのです。二人の召し使いの旅人は、一人は信心深く、礼拝を喜んで行う人です。もう一人は不注意で、礼拝をしない人を意味します。24枚の金貨は24時間の毎日の人生を意味します。その特別な農場は天国です。駅は墓です。その旅は墓、復活、永遠へと至る人間の道のりです。その人の信仰の強さやレベルによって皆それぞれの速度で、その長い道中を進みます。一部の篤信の持ち主は稲妻のように千年の道のりを一日で通過します。また一部は幻想のように5万年の道のりを一日で進みます。クルアーンはこのことを二つの節で言及していいます。

「かれは、天から地までの(凡ての)事物を統御なされる。それからそれ(万有)は一日にして、かれの許に登って行く。その(一日の)長さは、あなたがたの計算する千年である。」(アッ・サジダ章 32:5)

「天使たちや聖霊(大天使ジブリール)は、一日にして、かれの許に登る、その(一日の)長さは、5万年である。」(階段章 70:4)

 この切符は礼拝です。一時間あれば5回の礼拝とウドゥーに十分です。23時間をこの短い現世での生のために費やし、来世での永遠の生のためにたった一時間さえも費やさない人は、どれだけの損をし、いかに彼自身を苦しめ、理性に反することをしていることでしょうか。

 もし千人の人が参加する宝くじに、財産の半分をかけることを理性で受け入れることができるのであれば‐実際には当たる可能性は千分の一ですが‐財産の24分の1を、99パーセントの確率で利益を生み出す永遠の宝庫に与えないことは、いかに理性や英知に反することであるか、知性からかけ離れたことであるか、自らを知的であると思っている人にはり枚できるでしょう。

 礼拝には、魂、心、理性の大きな安楽があります。加えて礼拝は身体的に重いものではありません。また礼拝をする人は、普段の生活する中での行為も、意志をしっかり持っていればイバーダになります。こうして人生という資金で来世を自分のものにすることができるのです。つまりはかない生涯をこうして永遠にすることができるのです。

1・「規定された礼拝は、宗教の柱である」(ティルミズィー・イーマーン8)

第4の言葉

Bir cevap yazın

E-posta hesabınız yayımlanmayacak. Gerekli alanlar * ile işaretlenmişlerdir

Başa dön