第1の言葉

「ビスミッラーヒッラフマーニッラヒーム(慈悲深い慈愛遍くアッラーの御名において)」という言葉はあらゆる善の始まりです。私たちは何をするにもその言葉で始めます。我が自己よ、知りなさい。その神聖な言葉はイスラームのしるしであり、全ての被創造物が唱える言葉なのです。

 「ビスミッラー」という言葉がいかに偉大であり、無尽蔵の力であり、無限の恵みでもあるかということを知りたければ、次のたとえ話を聞いてください。

 アラビアの砂漠を行く旅人は、部族長の名前を得て、その庇護のもとで旅をしていました。そうでなければ盗賊などの害を避けることも、旅の必需品を賄うこともできなかったのです。単独では数え切れないほどの敵が存在し、必需品を満たすこともできませんでした。

 ある日、二人の旅人がアラビアの砂漠を進んでいました。その一人は謙遜な人で、もう一人はうぬぼれ強い人でした。謙遜な方はある長の庇護下に入りましたが、うぬぼれ強い方はそうしませんでした。長の名前を得た旅人は、あらゆる場所で安全な旅を過ごしました。盗賊に出くわすと彼はいつも「私はこういった長の保護をいただいている者です」と言い、盗賊は彼を苦しめることなく去っていきました。彼がテントに入ると、その長の名前のお陰で敬意を払われました。一方で、不遜なもう一人の男は、その行程において常に言葉で言い表せないほどひどい目にあいました。ついには、恐怖で全身を震わせ、物乞いをするまでに陥り、惨めな状況でした。

 さあ、不遜な私の魂よ。あなたはこの旅人で、この世はその砂漠のようなものなのです。あなたの弱さ、無力さは限りのないものです。あなたの敵も、あなたが必要とするものも、数えきれない程です。だから、この広い世界の永遠のマーリキ・エベディであり、ハーキム・エゼリーであるお方の美名を得てください。そうしないとあなたは、この世の無限の被造物に頭を下げ、あらゆる出来事におびえることから救われないのです。

 この言葉はとても神聖な源です。この言葉は、あなたの限りのない弱さ、無力さ、そしてあなたを無限の力、慈悲に結び付け、カーディリ・ラヒームでお方の御前でその弱さ、無力さは最も受け入れられるとりなしを行います。そう、この言葉によって行動する人は、軍に入り、国家と法の名の下で、あらゆることを行い、あらゆることに耐える人に似ているのです。

 冒頭で触れたように、全ての被造物は声に出さずとも「ビスミッラー」を唱えています。

 例えば、一人の人がある町に来て、そこの人たちを皆どこか別のところに移動させ、働かせたとすれば、それを目にした者はあることを理解するでしょう。すなわち、その男は自分の力で、あるいは自分の名においてそういうことが出来るのではなく、彼は兵士であるに違いなく、国家の名の下に行動し、国の長の力でそれらを行ったのだということです。

 このように、全てのものはアッラーの名のもとに動いているのです。例えば、小さな種が山のように大きなその樹木を持ち上げています。この世の中の樹木は全て、ビスミッラーと唱えながら、慈愛深き方の恩恵である様々な果物をその枝につけ、我々人間に食べさせてくれるのです。アッラーの恩恵を我々にもたらしてくれるのです。また、全ての耕地はビスミッラーを唱え、全知全能のお方の力により、同じ土の中で多様な種類の作物を作り出します。牛・ラクダ・羊なども、一頭一頭がビスミッラーを唱え、その体の中で、ラッザークであるお方の名において草だけを原料に、味のよい、清純な生命の水のような飲み物を作り出すのです。これは現代の科学技術でも真似の出来ないことです。動物たちはアッラーの名においてこそ、人体に数え切れないほどの効能を持つ、最も繊細で純粋な飲み物を私たちに与えるのです。全ての植物、草の葉、根や茎もまた、ビスミッラーを唱えます。草の、絹のように柔らかい根や繊維は「アッラーの御名において、ラフマ―ンであるお方の御名において」と唱えながら、堅い岩や土を貫いて地中を進みます。慈悲深いお方の御名、アッラーの御名を唱え、全てがアッラーの御名と共になされるのです。

 全ての被造物は心でビスミッラーと唱えており、アッラーの御名において、アッラーの恵みを我々にもたらしてくれます。だから、私たちもまた、ビスミッラーと唱えるべきなのです。アッラーの御名において与え、アッラーの御名において受け取るです。アッラーの御名において与えない、思慮のない人間からは、我々はなにも受け取るべきではないのです。

質問:売り手である人に、私たちは一定の代金を払います。真の所有者であるアッラーはどれほどのものを求められるでしょうか。

答え:そう、このムニーミ・ハキーキであるお方が求められる対価とは、以下の三つです。忘れないこと、感謝すること、熟考することです。

 あらゆることの始めにビスミッラーを言うことは、アッラーを忘れないための方法であり、あらゆることの終わりにアルハムドリッラー(アッラーに賞賛と感謝あれ)と言うことは、感謝する為の方法です。アッラーを熟考するとは、常にアッラーの恩恵に注意深くあることです。アハドサマドであるお方の力の奇蹟として、アッラーの慈悲による贈り物として、我々が受け取っている素晴らしく、精巧な恵みについて考えることです。支配者からの高価な贈り物を運んできただけの人に感謝し敬意を払い、その贈り物の真の主を知らないことは、非常にばかげたことです。ムニーミ・ハキーキであるお方を忘れて、見かけ上の贈り主を愛することは、非常に愚かな行為なのです。

 我が自己よ、もしそのような愚行を避けたいならば、アッラーの御名において与え、アッラーの御名において受け取りなさい。アッラーの御名において始め、アッラーの御名において行うのです。

第1の言葉

Bir cevap yazın

E-posta hesabınız yayımlanmayacak. Gerekli alanlar * ile işaretlenmişlerdir

Başa dön