第7の言葉

この世界の神秘をひもとく「私たちはアッラーの存在と唯一性、、そして最後の審判の日を信じる」という言葉が、人の魂の為に幸福の扉を開くいかに尊い二つの魔法の鍵であるか、そして忍耐によって創造主を信頼し庇護を求めること、また感謝と共に全ての存在に糧をお与えになるお方に懇願し、ドゥアーすることがどれほど効果的な薬であるか、そしてクルアーンを聞くこと、規定に従うこと、礼拝を行なうこと、罪を放棄すること、これらが永遠の生への旅路においていかに重要で価値のある、驚くべき美しさを備えた切符であり、あの世での糧であり、墓場を照らす光となるのかを理解したければ、次のたとえ話を聞いてください。

 ある時一人の兵士が戦い、かつ試練の場にあり、利益と損失という点においても非常に重大な状態にありました。

 すなわち、体の左右に恐ろしい、深い傷を受けていました。その後ろでは非常に大きなライオンが彼を攻撃するのを待っているかのようにとどまっていました。目の前には絞首台があり、彼が愛するものたちをつるし、滅ぼしていました。彼をも待ち構えているのでした。そして彼はこの状態で流刑により、長い道を行かなければならないのでした。

 このどうしようもない状態の人が、この恐ろしいありさまに絶望している時、、右側から、フドゥルのように善意に満ちた輝かしい人が現れて彼に言いました。

「絶望してはいけない。あなたに二つの魔法の鍵をあげよう。これをよい形で使えば、あのライオンはあなたに従順な馬となるだろう。あの絞首台はあなたが楽しみ、旅をする為の楽しいブランコになる。それからあなたに二つの薬を上げよう。きちんと使えば、そのひどい傷はムハンマドのバラと呼ばれる美しい花に変わるだろう。それからあなたに切符を一枚あげよう。これがあれば一年かかる道でも一日で飛ぶように到達することができるだろう。もしあなたが信じないのなら、少し試してみなさい。本当だということが分かるように」

 そう、この私もこれを認めるのです。なぜなら私も少し試してみたからです。そして真実だと分かったのです。

 それからこの兵士は、左側からシャイターンのような悪だくみをする男が、様々の装飾を身につけ、人を酔わせる酒と共にやってくるのを見ました。その男は彼に言いました。

「やあ、我が友よ。さあ来なさい、一緒に酒でも飲んで楽しもう。あの美しい娘たちを眺めよう。この素敵な音楽を聞こう。このうまそうな食事を楽しもう」

男「おやおや、こっそり唱えているのは何だ」

兵士「神秘の言葉だ」

男「やめなさい、そんな意味のわからないものは。せっかく楽しんでいるのに。

男「おや、その手にあるものは何かね?」

兵士「薬だ」

男「捨ててしまいなさい。どこに使う必要がある。今は拍手喝さいの為の時なのだ」

男「おや、その五つの印が入った紙は何かね?」

兵士「切符だ。そして任務通知書だ」

男「そんなの破ってしまいなさい。こんな素敵な春の日になぜ旅に出る必要があるのだね」

 男はこの計略によって兵士を説得にかかったのでした。さらに、兵士も彼に傾斜しかかっていました。そう、人は騙されるのです。私もまた、そのような欺瞞者に騙されたのでした。

 突然、右側から大声が響き渡りました。

「決して騙されてはいけない。その欺瞞者にに言いなさい。『もし背後にいるライオンを倒すことができたら、そしてこの絞首台をどけることができるのなら、体の左右にある傷を治すことができるのなら、そして旅に出ることを拒む手段があなたにあると言うのなら、見せなさい。拝見しよう。その後で、さあ楽しもうと言いなさい。もしできないのならば黙っていなさい』」

 若さのうちに笑い、今ではその笑ったことに泣いている我が自己よ。理解しなさい。この追い詰められた兵士とはあなたであり、人間です。ライオンは死の時を意味します。絞首台は死、旅立ち、別離を意味し、昼と夜が移り変わるうちに全ての親友が永遠の別れを告げ、消えておきます。そして二つの傷のうち、一つはうんざりするような人間の限りのない弱さを意味し、もう一つは人間の際限のない無力さを意味します。そしてこの流刑の旅は、魂の世界、母の胎内、子供時代、老年時代、墓場、死後の世界、復活、審判と続く、長い試練の旅路です。そしてこの二つの魔法の鍵とは、アッラーへの信仰、そして来世への信仰です。

 この神聖な魔法の鍵によって死は、アッラーを信じる人々にとって、この世という監獄から天国の庭へ、慈悲深いお方への御前へと連れて行く従順な馬、そしてブラーク(天馬)となります。だからこそ、死の真実を理解した完成された人々が死を愛したのです。まだ死が訪れないうちに、死を望んでいたのでした。旅立ちと別離、死、絞首台である時の流れは、この信仰の鍵によって、荘厳さと偉大さをもたれるお方の、鮮やかな奇跡、力、慈悲深さを完全な喜びのうちに目にする為の媒介という形になります。

 そう、太陽の光の色彩を見せていた鏡が取り換えられ、新しくされること、映画館のスクリーンが取り換えられることで、より素晴らしく、より美しい光景を示すのです。

 そしてこの二つの薬は、忍耐とタワックル(自らのできることを行った後でアッラーを信頼すること)です。創造主の力に頼り、その英知を信頼することです。「それに『有れ。』と仰せになれば、即ち有るのである」(雌牛章第117節)という世界の王アッラーを、無力さという証書と共に頼りにしている人には、何の恐れがあるでしょうか。なぜなら最も大きな災難を前にしても「本当にわたしたちは、アッラーのもの。かれの御許にわたしたちは帰ります」(雌牛章第156節)と言い、心からの確信と共に慈悲深いアッラーを信頼しているからです。そう、アッラーを知る人は、無力さから、アッラーへの恐れから清められます。そう、恐れにも、ある喜びがあるのです。もし1歳の子どもに知性があり、彼に「一番心地よい、快適な状態は?」と尋ねることができれば、おそらくは次のように答えるでしょう。「自分の無力さ、弱さを理解し、母の心地よい叱責を恐れつつ、やはり母の慈悲深い胸に庇護を求めている状態です」しかし、母の慈愛というものは神の慈愛の顕現の一筋の閃光のような反映に過ぎません。だからこそ、完成された人々はその弱さと神への畏怖によって非常な喜びを味わうのです。自分の力、強さから激しく遠ざかり、、アッラーにその弱さと共に庇護を求めたのです。自らの無力さ、弱さが、彼の為のとりなしとなるのです。

 もう一つの薬とは、感謝と満足感を持って求め、、ドゥアーし、糧を与えられるお方を信頼することです。この地上全てを恵みの食卓とされ、春の季節を花束とされ、その食卓に添えられ、その上にもふりかけられた、この上なく気前のよいお方の客人にとって、無力であり、多くのニーズがあるということがなぜ苦しみや痛みとなり得るでしょうか。無力さと多くのニーズを持つことはむしろ、心地のよい希望という形を取ります。だから、完成された人たちは、その無力さを誇っていたのです。決して誤解しないでほしいのは、アッラーを前にして自らの無力さを感じ、懇願する、という点です。自分の貧しさを人々に見せつけて物乞いのような立場になるという意味ではないのです。

 そしてこの切符、証書とは、礼拝を始めとする義務を果たすことであり、大きな罪を放棄することです。魂の世界について感じたり、何かを見たりすることができる人たちや神の真実を自ら実践することによって理解する、開かれた目を持つ人々は皆一致して、この長く暗い道程において、その糧や灯り、乗り物を、ただクルアーンに従い、禁じられたことから遠ざかることによってのみ手にすることができるとしています。科学や哲学、芸術、知恵といったものはその道においてほとんど価値を持たないのです。これらの光は、墓場の入り口までなのです。

 そう、怠惰な自己よ。五回の礼拝を行なうこと、七つの大きな罪から遠ざかっていることはどれほど容易で簡単なことでしょうか。そしてその結果、果実、効果はどれほど重大で大きいものであるか、理性があれば、損なわれていないのであれば理解できるでしょう。そして、罪や快楽への虜となることをあなたにそそのかすシャイターンに、そしてこの男に言いなさい。

「もし死をなくすことができ、この世からの別離、無力さ、窮乏といったものを人間から取り除き、墓の扉を閉じる策があるなら、言いなさい、私も聞きましょう。そうでなければ黙りなさい。クルアーンがこの世界を説いているのを聞きましょう。その光を得ましょう。その庇護のうちに行動しましょう。その言葉を常に唱えていましょう。真実であり、アッラーからのものであり、真実を語り、真実を示し、輝かしい英知を放つものがクルアーンなのです。

「アッラーよ、私たちの心を信仰とクルアーンの光で輝かせてください。アッラーよ、あなたを常に必要としていることを感じることで私たちを豊かにしてください。あなたの慈悲を必要としていることを感じないことによって私たちを困窮させないでください。私たちは自分自身の力や能力を断念し、あなたの力、強さに庇護を求めます。私たちを、あなたを信頼する者としてください。私たちを欲望と共に取り残さないでください。私たちを庇護によってお守りください。私たちに、男性・女性全ての信仰する者に、慈悲をお与えください。しもべや預言者、崇高な位階からあなたが選ばれた友、そして全ての存在の美であり、被造物の王であり、救いの泉であり、導きの太陽であり、様々な証拠の語り手であり、慈悲の例であり、被造物の光であり、誉れであり、被造物の多様性の中での同一性を示す灯明であり、、世界の神秘をひもとき、、あなたが創造主であることを宣言され、あなたが喜ばれる事項を教えられ、あなたの美名を教えられ、しもべたちの教師であられ、世界における論拠の通訳であられ、神性の美の鏡であられ、あなたの顕示の原因であられ、あなたがこよなく愛されるお方、この世界に恵みとして遣わされたあなたの使徒であるお方、預言者ムハンマド(彼の上に平安あれ)に、その家族、親友たちに、その兄弟である預言者たちに、天使たちに、純真なしもべたちに、祝福と平安がありますように。アーミーン」

第7の言葉

Bir cevap yazın

E-posta hesabınız yayımlanmayacak. Gerekli alanlar * ile işaretlenmişlerdir

Başa dön